徳島県立穴吹高等学校

 

日誌

新規日誌68 >> 記事詳細

2018/04/09

平成30年度学校長あいさつ(校長室便り)

Tweet ThisSend to Facebook | by:華の丘
 創立95周年を迎える穴吹高校は,平成12年4月に徳島県下初の「全日制普通科単位制高等学校」となりました。以降,生徒一人一人の将来の目標や関心に合わせた時間割を作成し,少人数による授業,きめ細かな個別指導を重点的に行うことで,生徒の学力向上と進路実現に努めています。
 また,穴吹高校はレスリング競技を中心に9名のオリンピック選手を輩出しています。平成16年8月のアテネ大会では,競泳女子800m自由形で卒業生の柴田亜衣さんが金メダルを獲得しており,こうした伝統のもと,部活動が活発です。特に,レスリング部や少林寺拳法部の生徒は,毎年全国高校総体等に出場し上位入賞を目指しています。
 地域社会への貢献活動にも積極的に取り組み,JRC部や防災クラブ,家庭クラブを中心とした長年の活動は高く評価されています。穴吹高校は,これまで2万1千人を超える卒業生を送り出した伝統と実績を強みに,地域社会の担い手作りにしっかり取り組んでいます。
 平成30年度「とくしまの未来を切り拓く,夢あふれる『人財』の育成」に向けて教職員一丸となり努力して参ります。今後とも,保護者の皆様,地域社会の皆様,卒業生の皆様をはじめ穴吹高校に関係していただいております皆様の本校教育活動へのご理解とご支援をお願いいたします。 
                           徳島県立穴吹高等学校
                             校長  前田 茂             


                  
 


08:00 | 投票する | 投票数(22) | コメント(0)