徳島県立穴吹高等学校

 

日誌

新規日誌68 >> 記事詳細

2019/09/30

大正期のスタインウェイ社製グランドピアノ(校長室便り)

Tweet ThisSend to Facebook | by:華の丘
 本校には、93年目を迎える大正期のスタインウェイ社製グランドピアノがあり、県内外の著名な演奏家を招き、年間2回のピアノコンサートを開催しています。  


    平成最後のピアノコンサート
                     
                         令和最初のピアノコンサート
 
 その原点は、大正14年 7月より当時の美馬郡三島村の医師、三宅弥之治郎氏を中心に募金活動が行われ、総額5,830円の寄付が寄せられたことに始まります。

 この寄付の中から、スタインウエイピアノ 3,500円 、フォイリッヒピアノ 1,350円等が購入され、大正15年3月 に本校の前身である美馬高等女学校に寄贈されました。長年、生徒の情操教育の充実に活用されてきたと伝えられています。

 平成15年の創立80周年記念事業での修繕を経て、平成25年の創立90周年記念行事では、世界的に有名なピアニストである徳島文理大学のジュゼッペ・マリオッティ氏による記念演奏が行われています。

 創立92周年にあたる平成27年1月のピアノコンサートでは、美馬高等女学校卒業生16名と本校の生徒14名による美馬高等女学校、穴吹高校それぞれの校歌の合唱がなされています。美馬高等女学校の校歌は、楽譜が失われており、卒業生の方の記憶をもとに復元された譜面をもとに、再現・合唱されました。

 スタインウェイ社製グランドピアノは、大正から昭和、平成、令和と、今も華麗な音色で、生徒、同窓生、地元中学生等の絆を紡ぎ続けており、本校の宝物の1つとなっています。
08:00 | 投票する | 投票数(13) | コメント(0)