徳島県立穴吹高等学校

 

日誌

新規日誌68 >> 記事詳細

2018/11/01

感謝! 高越山の「山岳模型」のご寄付(校長室便り)

Tweet ThisSend to Facebook | by:華の丘



 本日、本校卒業生で、大阪府八尾市在住の倉本 治様が、阿波富士こと高越山の「山岳模型」をご寄付くださいました。コートボール紙を切っては重ねた見事な芸術作品です。現在、本校正面玄関に飾っていますので、是非ともご覧ください。

 
 昭和25年に制定された穴吹高等学校の校歌は「あしたに仰ぐ 高越山 夕べにのぞむ 吉野川・・・」で始まります。また、昭和2年に制定された本校の前身である美馬高等女学校の校歌には「吉野の流れ末遠く、高越の峰やいや高く・・・」とあり、昭和8年の校歌改定でも「高越山に寄せて仰がむ・・・」とあります。

 創立95年目の本校にとって高越山はまさにシンボルであり、どっしりとした佇まいが大きな勇気と落ち着きを与えてくれています。本校生徒にとっても校歌にある身近な霊峰と言える高越山の美しい「山岳模型」。末永く大切にして参ります。


 倉本様、本当にありがとうございました。
                 平成30年11月1日   校長 前田 茂
12:00 | 投票する | 投票数(14) | コメント(0)